バストアップ ツボ

MENU

バストアップにおすすめのツボは4つ!

バストアップのツボ

バストアップにいいツボを押すことで、乳腺が発達して効率よくバストアップができるといわれています。

 

バストアップのツボは

 

@だん中(だんちゅう)
A天溪(てんけい)
B渕腋(えんえき)
C乳根(にゅうこん)

 

の4つです。

 

今回は美しいバストについてやツボの探し方や押し方について紹介しますね。

 

☆美しいバストって?

 

バストのほとんどが脂肪でできているって知っていますか?バストには赤ちゃんにとって非常に大切な母乳を蓄えておくところや、母乳を運ぶ組織(乳腺など)があります。
乳腺などの組織を保護するために脂肪がついて、ふっくらとしたバストになります。
太っている女性にバストが大きい人が多いですが、それは乳腺や組織の間に脂肪がたっぷりとついているからです。

 

逆にスリム体型でバストが大きい人は乳腺の発達が十分だったおかげです。

 

上手にバストアップするのに欠かせないのは乳腺を発達させる女性ホルモンです。

 

そこで、バストだけを大きくする方法としておすすめなのがツボです。

 

女性ホルモンの分泌が活発になるツボを刺激して、リンパの流れをよくすることでバストアップを狙うというものです。

 

しかも、女性ホルモンの分泌が活発になると、バストアップだけでなく、美肌効果も期待できるのです。

 

☆バストアップのツボの探し方と押し方!

 

ツボ押しのポイントは入浴しながら行うこと!
新陳代謝もよくなり、身体もリラックスしている状態になるので、ストレス解消にもおすすめです。

 

バストアップのツボは冒頭でもあげましたが4つあります。

 

@だん中
女性ホルモンの働きを促進させるツボです。

 

【ツボの場所】
左右の乳首をむすんだ線のちょうど真ん中に位置しています。指でちょっと押してみて、少し痛いところです。

 

【押し方】
指をだん中にあてて、ゆっくりと少しずつ強めに3秒間押します。力をゆっくりと抜きながら指を話します。これを5回ほど行います。

 

A天溪
乳腺を発達させるツボです。 

 

【ツボの場所】
乳首と同じ横のラインの高さで左右外側に位置しています。骨と骨の間にあり、押すと少し痛いところです。

 

【押し方】
親指を使って左右の乳房を持ち上げるようにして、内側に向かって両方のツボをゆっくりと同時に押します。

 

B渕腋
バストのハリをアップさせます。

 

【ツボの場所】
乳首から約10pほど外側でわきの下にあります。両方のバストにあります。軽くおして、少し痛みを感じる場所です。

 

【押し方】
親指で両方のツボをゆっくりと同時に押します。少し痛みを感じますが、押した後は気持ちの良い場所です。

 

C乳根
女性ホルモンの分泌やリンパの流れがよくなるというツボ。さらに母乳の出がよくなるそうなので、母乳が出にくく悩んでいるママにもおすすめ。

 

【ツボの場所】
乳頭から指2本分ほど真下にある第五肋骨間のあります。両方のバストにあります。

 

【押し方】
ツボを指で3秒ほど押してゆっくり話します。これを数回行います。

 

☆ツボ押しのポイント♪

 

ツボ押しはマッサージなどと同じように、入浴などで新陳代謝を上げて行うと、効果がアップします。

 

入浴時や寝る前の体温が高くリラックスした状態のときに行うのがおすすめです。

 

ツボは1回3〜5秒くらい押すのがポイントです。
また、息を吐きながら押していって、息をゆっくり吸いながら手を放しましょう。

 

【注意】
体調不良の時や食後や飲酒後のツボ押しはNGです。
また妊娠中もツボ押しをすることができません。

 

ツボ押しはリラックス効果やストレス解消にもおすすめなので、バストアップと一緒に心も癒しましょう。

 

☆まとめ

 

バストアップには色々方法がありますが、バルトアップのツボ押しが一番手軽で簡単なのではないでしょうか。 バストアップサプリでバストアップするという人も多いと思いますが、バストアップサプリと併用することで、相乗効果が出て、バストアップし易くなるという利点もあります。ぜひバストアップしたいという方は方法の1つとしてツボ押しを取り入れてみてくださいね。